本文へ移動

ヴォーリズ建築、保存活用へCF 近江八幡のツッカーハウス

2021年9月26日 05時00分 (9月26日 05時00分更新)
建設から100年以上が経過し、老朽化が進むツッカーハウス=近江八幡市北之庄町で

建設から100年以上が経過し、老朽化が進むツッカーハウス=近江八幡市北之庄町で

  • 建設から100年以上が経過し、老朽化が進むツッカーハウス=近江八幡市北之庄町で
  • クラウドファンディングに協力を呼び掛ける辻会長=近江八幡市市井町のハイド記念館で

市民の会「みんなが集う場に」

 米国出身の建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(一八八〇−一九六四年)が手掛けた、近江八幡市北之庄町のヴォーリズ記念病院旧本館「ツッカーハウス」の保存活用を進めようと、市民グループが耐震工事費などの確保に向けてクラウドファンディング(CF)を始めた。十月二十日まで。五百万円を目標とする。
  (松瀬晴行)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

滋賀の新着

記事一覧