本文へ移動

<近江建築さんぽ>豊郷小学校旧校舎群(豊郷)

2021年9月26日 05時00分 (9月26日 10時33分更新)

手前から、モダンな姿の豊郷小旧校舎群、現役の校舎、東海道新幹線。田園地帯で時代が交錯する  =豊郷町石畑で、本社ヘリ「あさづる」から

 

 かつて「東洋一」と称された、豊郷小学校旧校舎群。白い外壁や庭は美しく保たれ、麗姿を今に伝える。
 1937年完成。当時の丸紅専務で実業家の古川鉄治郎(1878〜1940年)が、私財の3分の2を寄付して建てられた。当時としては珍しい鉄筋で、集中暖房や水洗トイレなど、設備は最先端だった。
 2004年ごろまで現役だった国登録有形文化財。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

滋賀の新着

記事一覧