本文へ移動

御嶽山と共に観光再生を 王滝・住民ら、八丁ダルミ規制緩和見据え

2021年9月26日 05時00分 (9月26日 05時00分更新)
王滝側登山道入り口から望む御嶽山=王滝村で

王滝側登山道入り口から望む御嶽山=王滝村で

  • 王滝側登山道入り口から望む御嶽山=王滝村で
  • 王滝側の登山道入り口=王滝村で
 三連休の最終日となった二十日朝、御嶽山の王滝村側の登山口となる田の原の駐車場は、県外ナンバーの車も見られたが登山者は少なかった。二〇一四年の噴火災害から二十七日で七年。回復傾向にあった登山者だが、新型コロナウイルスが村の経済にも影響している。村は来秋にも王滝頂上から山頂・剣ケ峰に通じる八丁ダルミの入山規制を緩和し、噴火前と同じ直登ルートを整える意向で、観光関係者も期待を寄せる。 (生田貴士)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧