本文へ移動

気象予報士 斉田季実治さん

2021年9月26日 05時00分 (9月26日 05時00分更新)
斉田季実治さん(本人提供)

斉田季実治さん(本人提供)

 父親が林野庁の職員だったので転勤が多く、東京、秋田、大阪、熊本と全国各地に住みました。土地ごとの天気の違いに子どもの頃から興味がありましたね。
 NHK熊本放送局の気象キャスター時代に妻と出会い、結婚しました。十一歳、九歳、三歳の息子がいます。妻は都市計画やまちづくりの研究者で、結婚当時は熊本県立大の准教授。今は東京の大学で兼任講師をしていますが、長男が小学校に入学するまでの六年間は、私が東京、妻が熊本の二拠点生活でした。
 お互い専門職で忙しい分、夫婦の話し合いを大事にしてきました。夫婦間でもアポイントメントを取って、話す時間を確保しています。結婚した当初は、二人でそれぞれの「十年後のビジョン」を付箋に書いて模造紙に貼って、グループ分けするワークショップのようなことをやりましたね。今後のキャリアや金銭的な計画まで話し合い、家族の形をつくってきました。
 妻は、対話を通じて目標達成を支援する「コーチング」の資格も持っており、話していると、自分のしたいことが具体化してくる感じがします。キャスターの仕事だけでなく、人工衛星などの安全に関わる「宇宙天気」のプロジェクトに携わったり、ドラマの気象考...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報