本文へ移動

くすぶっていた原英莉花のハートに火をつけた交流会 8バーディー66で急浮上2位【女子ゴルフ】

2021年9月25日 18時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
第2日、18番で第2打を放つ原英莉花

第2日、18番で第2打を放つ原英莉花

◇25日 国内女子ゴルフ ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン第2日(宮城県利府町・利府GC)
 前日16位の原英莉花(22)=日本通運=が4連続を含む8バーディー、2ボギーの66で回り、通算8アンダー2位に急浮上した。単独首位発進の西村優菜(21)=スターツ=は1イーグル、5バーディーの65と伸ばし13アンダーとして自身初の2週連続Vに王手。渋野日向子(22)=サントリー=は6アンダー5位につけている。稲見萌寧(22)=都築電気=は出場していない。
【写真】第2日 原英莉花ギャラリー8枚
 「『この人に勝ったんだよ』って自慢してもらえるようなプレーを…」という子どもたちへのその気持ちが、くすぶっていた原のハートを焚きつけた。12番まで4バーディー、2ボギーの後、14番パー5から2・5メートル、4メートル、8メートル、3メートルを次々に沈めて4連続バーディーの猛攻だ。一気に2位まで順位を上げて、最終日は最終組でプレーする。
 22日、大会前恒例の宮城県立こども病院で入院生活を送る子どもたちとの交流会があった。初めてメンバーに選ばれ、柏原明日架、小祝さくらとともに、今回はオンラインで触れ合った原。自身がCMにも出演しているゴルフのテレビゲーム「マリオゴルフスーパーラッシュ」で戦い「負けちゃいました」と言う。
 「でも最後に横断幕で『頑張ってください』っていうメッセージを見せてくれて。すごくうれしかった。今までチャリティーとかしたことないけど、何か私にできることないかなと思うようにもなりました」。
 8月のAIG全英女子オープンで打ちのめされて帰国、隔離期間を経て2週前から国内戦に復帰したが予選落ち、33位と調子が上がらぬままだった。「子どもたちからすごいパワーをもらって」初日70、そして66が出た。「全英では海外選手のプレー中のすごい集中力、そしてリラックスしている時とのメリハリを勉強した」と話し、この日は「ハーフターンの休憩時間でギャラリープラザをのぞいて、芋煮を食べてリラックスしました。おいしかった」と笑った。
 首位の西村とは5打差。それでも「自分の中でイメージを出しやすい、好きなコース。何か感じるコースです。楽しく優勝目指して頑張りたい」と原ならではのチャージ宣言。ゲームの世界のような大逆転劇も期待したくなる。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ