本文へ移動

藤井聡太三冠が千田七段破り初のJT杯4強「細いところもあったが最後は攻めがつながった」

2021年9月25日 17時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤井聡太三冠

藤井聡太三冠

 将棋の藤井聡太三冠(19)=王位・叡王・棋聖=は25日、東京都渋谷区のシャトーアメーバで指された第42回日本シリーズJTプロ公式戦2回戦で千田翔太七段(27)に113手で勝利し、ベスト4進出を決めた。準決勝は11月3日、名古屋市港区のポートメッセなごやで永瀬拓矢王座(29)と対戦する。
 盤上は相掛かりの出だしから角換わりのような形となる中、先手・藤井三冠が中盤でペースを握ると、そのまま攻め倒した。藤井三冠は「細いところもあったが、最後は攻めがつながった」と振り返った。
 12人の棋士が参加する早指し棋戦のJT杯は本来、全11局を全国11会場での公開対局で行うが、コロナ禍の中、昨年は全局が東京での無観客対局となった。今年も1回戦の東北、福岡大会を除いて2回戦までの6局は無観客となったが、準決勝~決勝の3局は大阪、東海、東京大会で公開対局が予定されている。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ