本文へ移動

阪神競馬場の乗馬センター出身のボクにとって桜花賞は特別なレース[松山弘平コラム]

2020年4月12日 10時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松山弘平騎手

松山弘平騎手

 さあ、いよいよ桜花賞(阪神11R)です。阪神競馬場の乗馬センター出身のボクにとって、桜花賞は特別なレース。子どもの頃から、何度も観戦していますし、いつか勝ちたいレースの一つなんです。これまでの最高着順は7着(2018年・レッドサクヤ、19年・エールヴォア)と結果を出せていませんが、早く夢をかなえたいと思っています。

 今年コンビを組むのがデビュー2連勝中のデアリングタクト。キャリアは浅い馬ですが、前回のエルフィンSでは本当にいい脚を使ってくれました。前走後の調整は順調で、先週の追い切りでは少しテンションが高くて不安がありましたが、志願して乗せてもらった今週は落ち着きがあって、いい動き。前走からのパワーアップも感じますし、競馬場に行ってもイレ込みがなければ、きっといい脚を使ってくれるでしょう。相手は強くなりますが、展開が向けば勝ち負けになると信じています。

 他の騎乗馬ですが、1Rのラボンダンスは、1800メートルの距離がどうか。2Rのペプチドシンデレラは前回の競馬ができれば。3Rのトキノソマリは叩かれ前進を期待。4Rのウインサンフラワーは成績的にチャンスがありそうです。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ