本文へ移動

[桜花賞]スマイルカナ粘って粘って3着確保 重馬場に対応し存在感 柴田大「自分の競馬はできました」

2020年4月12日 17時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3着に粘ったスマイルカナ

3着に粘ったスマイルカナ

◇12日 第80回桜花賞(G1・芝1600メートル・阪神競馬場)

 2枠3番という好枠を生かして主導権を握った9番人気のスマイルカナが、懸命な粘りで3着を確保。重馬場にもしっかりと対応して存在感を示した。「枠順が良かったですし、自分の競馬はできました。馬場も大丈夫で、のめることはありませんでした」と柴田大。「また次走、頑張ります」と結んでパートナーの頑張りをたたえ、次走を見据えた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ