本文へ移動

木曽郷土館の島崎藤村木彫像、制作工程を解明へ 北海道教育大・福江教授

2021年9月25日 05時00分 (9月25日 15時02分更新)
木彫像の研究成果を発表する福江教授=木曽町の木曽教育会館で

木彫像の研究成果を発表する福江教授=木曽町の木曽教育会館で

  • 木彫像の研究成果を発表する福江教授=木曽町の木曽教育会館で
  • 石井鶴三が制作した島崎藤村の木彫像=木曽町の木曽郷土館で
 木曽町の木曽郷土館に所蔵されている文豪・島崎藤村の木彫像について、北海道教育大の福江良純教授(56)=造形理論=が、国の科学研究費を用いて制作工程を研究している。像は近代日本を代表する彫刻家石井鶴三(一八八七〜一九七三年)が「木取り」と呼ばれる高度な技法で作り、作業で出た木片が多く残されている。福江教授は「木片をたどることで工程を再現し、鶴三の技術を普及させたい」と意気込む。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧