本文へ移動

茅野市の縄文文化賞に九大院・福永助教 歴代最年少の32歳、東西差研究

2021年9月25日 05時00分 (9月25日 15時04分更新)
 茅野市が縄文文化に関する優れた研究に贈る「宮坂英弌(ふさかず)記念尖石(とがりいし)縄文文化賞」の第二十二回受賞者に、九州大大学院人文科学研究院の福永将大助教(32)=写真=が選ばれた。歴代最年少での受賞となる。賞選考委員会が二十四日、今井敦市長に答申した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報