本文へ移動

G2制覇の実力見せたが…ガロアクリーク3着 ヒューイットソン「2頭の力が抜けていた」 ダービーへ距離問題なし強調

2020年4月19日 17時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加

◇19日 第80回皐月賞(G1・中山・芝2000メートル)

 スプリングSを勝って本番に挑んだガロアクリークは、中団から粘り強く末脚を伸ばして3着。G2勝ちの実力を示した。
 ヒューイットソンは「前の2頭の力が抜けていた」と、まずは完敗を認め「リラックスして走れるのがこの馬のいいところ。2400メートルもこなせる」とダービーへ向けて距離は問題ないことを強調した。
 上原師は「ジョッキーは距離を延ばしても大丈夫だと。馬場が回復したのも良かった。次のダービーが楽しみになった」と、大一番参戦を力強く表明した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ