本文へ移動

競技団体から批判や不満 国体延期断念決定、知事「無念、苦しい選択」

2021年9月25日 05時00分 (9月25日 05時00分更新)
とこわか国体・大会の延期断念に理解を求める一見知事(右)=津市の県総合文化センターで

とこわか国体・大会の延期断念に理解を求める一見知事(右)=津市の県総合文化センターで

 三重とこわか国体・とこわか大会実行委の総会で二十四日、両大会の延期断念が正式に決まった。延期見送りの方針を表明していた一見勝之知事に一任する方向で最終的にまとまったものの、競技団体からはなおも不満が噴出。一見知事は「われわれも無念。きょうこの場をスタートとして、三重のスポーツをどう振興していくのかしっかり考えていきたい」と述べた。 (斎藤雄介)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

三重の新着

記事一覧