本文へ移動

【オリックス】宮城6イニング7安打4失点「ここ最近チームに迷惑を掛けてしまう投球が続いてしまっている」

2021年9月24日 21時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オリックス・宮城

オリックス・宮城

◇24日 オリックス―楽天(京セラドーム大阪)
 先発したオリックスの宮城大弥投手(20)は6イニングを投げて7安打4失点だった。
 初回、島内に先制適時打、3回に味方が同点に追いついたが、4回に茂木に勝ち越しの左犠飛で1点、5回は内野ゴロの間と島内の適時二塁打で2点を失った。
 「打たれているボールは甘く入ってしまっていましたし、追い込んでからも決めきれないピッチングになってしまっていたと思います。ここ最近、チームに迷惑を掛けてしまう投球が続いてしまっているので、申し訳ない気持ちが強いです」
 14日の楽天戦で6回途中3失点でパ・リーグチーム相手に今季初黒星。ここ先発4試合連続で白星をつかめなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ