本文へ移動

休場明けで10勝目の遠藤「自然に体が動きました」藤島審判長は「不気味な存在」と期待【大相撲】

2021年9月24日 20時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
遠藤(右)がはたき込みで霧馬山を破る

遠藤(右)がはたき込みで霧馬山を破る

◇24日 大相撲秋場所(両国国技館)
 休場明けの遠藤(30)=追手風=が霧馬山をはたき込みで破り10勝目。優勝戦線に生き残った。この日も3日連続でオンライン取材に登場。「自然に体が動きました。しっかり集中して相撲を取れてるので、あしたも集中して頑張ります」と淡々とした表情で話したが、藤島審判長は「相撲巧者ですから。経験があるし、上位でも取っている。不気味な存在です」と期待を込めて話していた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ