本文へ移動

来年の天皇杯、10月決勝も W杯が11~12月にあり「その前に終わらせたい」田嶋会長明かす

2021年9月24日 18時42分

このエントリーをはてなブックマークに追加
田嶋幸三会長

田嶋幸三会長

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長(63)は24日、第101回天皇杯全日本選手権の組み合わせ抽選後、オンラインで取材に応じ、来年の第102回天皇杯の開催日程について「来年はW杯が11、12月にまたがってある。その前に終わらせたい。(W杯後に)数試合だけを残すのは、サッカーの質を担保するにも難しい」と述べた。日程を大幅に前倒しする方針で、決勝は10月に開催される可能性もある。
 W杯カタール大会は来年11月21日開幕、12月18日決勝。
 天皇杯は1968年度大会以降、元日以外の決勝開催は第94回大会(2014年12月13日)、第98回大会(18年12月9日)、第101回大会(21年12月19日)のみで、2大会連続4度目となる。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ