本文へ移動

ネット環境や24時間見守り 福井のアスピカが高齢者住宅開設

2021年9月24日 05時00分 (9月24日 15時55分更新)
地域の人々と交流できるカフェスペース=福井市開発5の「まびぃ〜Ma・Vie〜開発」で

地域の人々と交流できるカフェスペース=福井市開発5の「まびぃ〜Ma・Vie〜開発」で

  • 地域の人々と交流できるカフェスペース=福井市開発5の「まびぃ〜Ma・Vie〜開発」で
  • 実際に家具を入れた場合の部屋のイメージ=福井市開発5の「まびぃ〜Ma・Vie〜開発」で
  • 部屋に備え付けられた呼び出しボタン。押せば職員のスマートフォンに通知が届く仕組み=福井市開発5の「まびぃ〜Ma・Vie〜開発」で
 介護福祉事業を展開するアスピカ(福井市二の宮四)は、同市開発五にサービス付き高齢者向け住宅「まびぃ〜Ma・Vie〜開発」を十月一日に開設する。施設にネット環境やパソコンを備え、離れて暮らす家族と気軽に連絡ができるのが特長。カフェスペースもあり、地域との「つながり」を重視する。六十歳以上の入居者を募集している。 (曽根智貴)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

福井の新着

記事一覧