本文へ移動

【Dr'sサロン】 苦境下 挑戦する飲食店

2021年9月21日 05時00分 (9月24日 11時38分更新)
 台湾の成功大で客員教授を務めており、例年、何度か訪台してきた。最近はコロナ禍で行けず、本場の台湾料理を長く食べられていないのが大きなストレスだ。
 台湾人の多くは、中国南東部にある福建省沿岸の移民がルーツだ。特に成功大のある台南市は、清朝統治時代の首都で、日本で言えば京都。新鮮な海鮮をあっさりした味で食べる福建料理の特徴が色濃く、決して激辛や濃い味付けをしない。素材の味を大切にする現地の文化は京料理にも通じるところがあり、恋しくてたまらない。
 先日、この好物にありつけない苦しさを発散しようと、名古屋のエスニック街の代表格、大須商店街を散策していたら、「台湾餃子(ギョーザ)」という看板を見つけた。餃子は中国東北地方の料理ではないかと思ったが、念のため、店外からメニューを確認。干し大根の卵焼き「菜脯蛋(ツァイプータン)」。辛くない「担仔(タンツー)麺」。本場を感じる料理があった。
 聞けば、最近オープンした店で、台湾料理を愛するオーナーが、本場の味を知る機会を増やしたいと、あえて日本人に親しみ深い餃子を前面に出したそう。料理は、台湾の友人が来日したら連れてこようと思えるほどおいしかった。
 飲...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報