本文へ移動

【ヤクルト】サイスニード来日最長7イニング&初安打で勝利に貢献「先発の役目を果たせた」

2021年9月23日 22時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
試合後にタッチを交わすヤクルトのサイスニード(左)とヤクルト・高津監督

試合後にタッチを交わすヤクルトのサイスニード(左)とヤクルト・高津監督

◇23日 DeNA2―4ヤクルト(横浜スタジアム)
 ヤクルト先発のサイスニード投手(28)は、来日最長の7イニングを4安打1失点の好投で今季4勝目。打席では4回に来日初安打の左前打を放ち、ガッツポーズで喜んだ。
 降板後の右腕は「中継ぎ陣に負担をかけたくないという気持ちでマウンドに上がりました。野手の好プレー、中村の素晴らしいリードなどに助けられて先発の役目を果たすことができた」とコメントした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ