本文へ移動

J2磐田 GK三浦、堅守で貢献

2021年9月24日 05時00分 (9月24日 10時04分更新)
練習に全力で取り組むGK三浦龍輝選手=磐田市内で

練習に全力で取り組むGK三浦龍輝選手=磐田市内で

 J2ジュビロ磐田のGK三浦龍輝選手(29)が、堅守でチームの好成績を支えている。六節に今季初先発し、二十五戦連続出場でわずか二敗。「日々努力」を座右の銘に掲げる守護神がJ1復帰をたぐり寄せる。
 身長一八一センチとGKとしては大きくない。特徴は俊敏な動きと、後方からの的確な指示。三十節のファジアーノ岡山戦は20本のシュートを浴びたが、オウンゴールの1失点にとどめた。二十八節の松本山雅FC戦は開始6分の決定的なピンチを防ぎ、流れを変えた。
 J3のAC長野パルセイロから二〇一七年、磐田に移籍。磐田に四人いるGKのうち、四番手の位置付けという苦しい時期もあった。昨年までの四年間でリーグ戦出場は一八年の二試合だけ。それが、今季は正GKとして活躍している。
 活躍の原動力は、失敗したら次はないという危機感。控えGK時代も常に準備を怠らず、フルパワーの練習をこなしてきた。「日々努力」の結果が、正GKへとつながった。残り十二試合。重圧がかかる終盤戦で、三浦選手の培ってきた精神力が生きる。 (川住貴)

関連キーワード

おすすめ情報