本文へ移動

パワーワードすぎる「ホタテ水着」ふるさと納税6000円で手に入る青森県むつ市返礼品がトレンド占拠…懐かし写真も続出

2021年9月23日 21時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
青森県むつ市のふるさと納税返礼品になった「ホタテ水着」

青森県むつ市のふるさと納税返礼品になった「ホタテ水着」

 飛び石連休となった23日の秋分の日。SNSのトレンド上位に居座り続けたパワーワードは「ホタテ水着」だった。青森県むつ市のふるさと納税返礼品に選ばれたことがツイッターなどで紹介されると一気に話題に。かつて写真集で貝殻の水着姿を披露した女優の武田久美子さんら関連ワードも続々トレンド入りした。
 この日の朝、むつ市の海産問屋、阿部商店の関係者が「この度、むつ市ふるさと納税返礼品に『ホタテ水着』が登録されました。むつ市には、下北牛・ほたて加工品・海峡サーモン・ストッキング等魅力的な返礼品がたくさんございます。これを機会に少しでもむつ市の事を知って頂ければ幸いです」とツイート。
 6000円の寄付で手に入る「ホタテ水着」は洗浄研磨された貝殻3枚をひもで結んだもの。2011年の東日本大震災による売り上げ減少を機に販売を開始したという。ふるさと納税のサイトでは「ライバルに差をつける! 街中の視線がくぎづけ!」とのタイトルで「大きすぎず小さすぎずちょうど良い貝幅12センチ前後のホタテ貝を使用しておりますので、あらゆるシーンでお使いいただけると思います」と書かれ、関係者はツイッターで「男女兼用とさせて頂いております」と説明している。
 SNSでは武田さんの写真集や「ホタテマン」の扮装をした故・安岡力也さん、ホタテ水着姿のエアバンド「ゴールデンボンバー」などの画像が次々と上がり「もう令和なのに武田久美子さんのホタテ水着が話題になるなんておかしいと思ったら」「男女兼用にすることでエセフェミニストからの非難を回避していくの策士すぎる」「ホタテ水着w街中で着るんかいwww」などの声が、常に上がり続けた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ