本文へ移動

【DeNA】牧秀悟が今季10度目の猛打賞「甘いボールがきたら積極的に」新人王争いへ好調キープ

2021年9月23日 21時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回裏1死二塁、牧が左中間に適時二塁打を放つ

7回裏1死二塁、牧が左中間に適時二塁打を放つ

◇23日 DeNA2―4ヤクルト(横浜スタジアム)
 DeNAのルーキー、牧秀悟内野手(23)が4打数3安打2打点。今季10度目の猛打賞の活躍を見せた。
 「(7回の適時二塁打を)打ったのはチェンジアップです。チャンスの場面だったので、甘いボールがきたら積極的に打ちにいこうと思っていました」。3点を追う9回にも2点差に詰め寄る意地の右前適時打。逆転勝利とはならなかったが、激しい新人王争いを制するためにも、このまま好調を維持したい。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ