本文へ移動

吉田凌太朗と沢田尚也が1号艇から逃げ切りうれしいG1初勝利【徳山ボート・ヤングダービー】

2021年9月24日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田凌太朗

吉田凌太朗

 山口県・徳山ボートのプレミアムG1「第8回ヤングダービー」は4日目の24日、予選最終日を迎える。3日目終了時点で得点率トップは羽野直也。準優進出ボーダーを6.00と想定すると、羽野に関浩哉、上條暢嵩、妻鳥晋也、仲谷颯仁の5人が無事故完走で当確。大山千広は2走4,、5着、ドリーム組の野中一平は3着、初日転覆による減点5がある村上遼は2走1、2着の勝負駆け。なお3日目7Rでは小池修平、豊田健士郎、百武翔がFで賞典除外。小池は非常識Fにより即日帰郷となった。
 3日目は吉田凌太朗と沢田尚也がともに1号艇で勝利を収めG1初勝利を飾った。直前の芦屋で腕を負傷し8針を縫う大けがを負って出場した吉田は「良かったです。今の自分の体を考えればしっかりターンができた」。今節がG1初参戦だった沢田は「Sが見えてなかったし、こわごわだったけど逃げられて良かった」と両者ホッとした表情だった。吉田と沢田に加え、2Rを逃げて混合G1初勝利を決めた中川りなは11R終了後に水神祭が行われた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ