本文へ移動

【中日】堂上が打撃で33歳バースデーを自ら祝う2度の同点劇を演出

2021年9月23日 18時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
9回裏無死二塁、堂上が右前打を放つ

9回裏無死二塁、堂上が右前打を放つ

◇23日 中日3―3阪神(バンテリンドームナゴヤ)
 途中出場の中日・堂上直倫内野手(33)が打撃で輝いた。1点を追う6回1死三塁で代打出場し、きっちり右飛。9回無死二塁では右前打を放ち同点劇を演出した。
 この日は33歳のバースデー。8回に先頭打者の近本の二ゴロを処理し損ねた場面は「ちょっと焦って、目を切るのが早かったです」とコメント。自身のミスをきっかけにいったんは勝ち越されたが、自らのバットで引き分けに貢献した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ