本文へ移動

少しのスタート遅れが最後に響く…3着ノームコアの横山典「思い通りの競馬ができたら2着はあった」

2020年5月17日 21時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3着に敗れたノームコア

3着に敗れたノームコア

◇17日「第15回ヴィクトリアマイル」(G1・芝1600メートル、東京競馬場)

 「第15回ヴィクトリアマイル」(G1・芝1600メートル)は17日、東京競馬場で行われ、1番人気のアーモンドアイが復活勝利を挙げた。2着は4番人気のサウンドキアラ、3着は5番人気のノームコアが入った。
 わずかなロスが、最後の追い比べで明暗を分けた。昨年の同レースをレコードで制したノームコアは少し遅れ気味にスタート。それでもすぐに挽回し、1番人気のアーモンドアイをマークする形で7番手に位置取った。
 鞍上との呼吸はピタリと合って、直線ではアーモンドアイよりも先に仕掛けて前を懸命に追ったが、最大のライバルは馬なりで余力十分。直線半ばでアーモンドアイがスパートをかけるとあっという間に突き放され、この時点で連覇の夢はほぼ消え、焦点は混戦の2着争いへ。
 なかなか前が止まらない馬場の中、ノームコアはじりじり末脚を伸ばしたが、先に抜け出したサウンドキアラとの差は詰まらず、首差の3着に敗れた。横山典は「馬は変わりなかった。もう少しゲートを出てくれれば…。思い通りの競馬ができたら2着はあった」と初手の誤算が最後に響いたことを悔やんだ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ