本文へ移動

【中日】伊藤康祐が2年ぶり『Hランプ』与田監督の代打起用に応え「もっと自分の良さを」

2021年9月23日 17時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回裏無死、代打伊藤が右翼線二塁打を放つ

6回裏無死、代打伊藤が右翼線二塁打を放つ

◇23日 中日3―3阪神(バンテリンドームナゴヤ)
 中日4年目の伊藤康祐外野手(21)が、大胆起用に応えて今季初ヒットを放った。先頭打者の6回、先発・笠原に代わって代打出場。今季10打数無安打だったが、右翼線へ二塁打を放ち、1軍では2年ぶりに「Hランプ」を灯した。
 「1本出て安心しました。これをきっかけに、もっと自分の良さを出して、どんどんアピールしていきたいです」。阪神先発・伊藤将の外角速球をひっぱたいた。京田の犠打と代打・堂上の犠飛で1―1の同点とするホームを踏んだ。
 与田監督は「準備を見てきて、練習もチェックした上で」と起用理由を説明。「積極的に振っていく、広角に打てるのが彼の持ち味。右翼線に見事に打ってくれた。今後も、こういうバッティングを心掛けてほしい」とたたえた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ