本文へ移動

井上尚弥、先の見えない4団体統一戦に「時期が来るまで気長に…」ファンには”バンタム最強選手”をより長く見られるチャンスに【ボクシング】

2021年9月23日 13時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
井上尚弥

井上尚弥

 ボクシングWBA・IBF統一バンタム級王者の井上尚弥(28)=大橋=が23日に自身のツイッターを更新。早期の4団体統一戦が難しくなったことに機敏に反応した。
 「まぁあくまで今は俺の適正階級はこのバンタム級だから時期が来るまで気長にね、、皆さんも気長にね、、いずれスーパーバンタム級にあげる予定だからその準備もしながらね、、バンタム級で4本のベルトは必ず巻く」と記した。この日までにWBC、WBOが同団体王者(WBCドネア、WBOカシメロ)に対し相次いで指名試合を指示した。
 井上はかねて意欲的に同級4団体統一戦を目指すとともに、最高のパフォーマンスを出せる階級で長く続けたいという意向があった。早期に4団体統一戦が実現すれば、バンタム級を続ける理由がなくなり、階級を上げざるを得なくなることは確実。WBC、WBOとの統一戦が遠のいたことは、ファンにとっては残念ではあるものの、適性階級の井上をより長く見られるチャンスにもなる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ