本文へ移動

WBOも王者カシメロに指名試合を指示…井上尚弥の4団体統一の行方はますます混とん【ボクシング】

2021年9月23日 11時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
井上尚弥

井上尚弥

 ボクシング統括団体の世界ボクシング機構(WBO)は22日、同バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(32)=フィリピン=と同級1位ポール・バトラー(32)=英国=の指名試合を指示した。20日間の交渉期限が与えられ、合意に至らなかった場合は入札となり、対戦を拒否すれば、王座がはく奪される可能性がある。
 カシメロは31勝(21KO)4敗のハードパンチャー。4団体統一を目指すWBA・IBF統一同級王者の井上尚弥(28)=大橋=と昨年4月に3団体統一戦を予定していたが、新型コロナウイルス禍で中止され、それ以来、井上に激しい挑発を続けている選手だ。指名挑戦者のバトラーは元IBF同級王者で33勝(15KO)2敗。
 バンタム級では、21日にWBCが同級王者ノニト・ドネア(38)=フィリピン=に暫定王者との団体内統一戦を指示したばかり。ドネアとカシメロは年内の2団体統一戦を目指していたが、交渉が難航していると伝えられていた。
 統括団体は複数団体統一戦の意義を認め、王者同士の対戦が合意に至っていれば、指名試合を待つのが通例。今回はWBC、WBOとも統一戦は実現困難と判断したとみられる。
 両者いずれか、あるいは2団体統一戦の勝者との対戦を希望していた井上陣営としては、4団体統一の行方が見通せなくなった。年内の試合を計画しているが、統一戦につながる対戦相手になるかは未知数だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ