本文へ移動

<プロが答える相談室> 思春期は自らの人間性知る時期

2021年9月23日 05時00分 (9月23日 11時33分更新)
 前回(九月二日)に「思春期に『クソばばあ』と言ったりするのは当たり前」と回答していましたが、息子は私に対して、そのような汚い言葉を発したことがありませんし、荒れた時期もありませんでした。それはそれで自立していないのではないかと心配になるのですが…。
(22歳の息子を持つお母さん)
 思春期の荒れはあったらあったで苦労しますし、なかったらなかったで心配しますね。親って大変です。現在、大学または社会で人間関係を構築できているのでしたら、心配いりません。お母さんが気づかなかっただけで、お子さんに思春期はあったのです。
 以前に、私の兄と兄の息子と私の三人で話していた時、兄が息子に対して「おまえは思春期の荒れがほとんどなかったよなあ」と言いました。すると、彼は小さな声で「お父さんが知らないだけだよ」と。そうなんです、親が子どものこと、特に心理的なことまで全て知っていると考えるのは、おこがましいのです。
 思春期は親に反発することと、友人に自己投影することによって、自分のアイデンティティーを確認・確立する時期です。アイデンティティーとは難しいことではなく、自分は何が好きで何が嫌いか、自分は何に興味があるか、自分がどういう人間であるかを知ることであり、それらが親と同じではないと知ることです。
 アイデンティティーが確立できないままだと、自分自身を保持・擁護できないので、人間関係で周りに合わせることばかりになってしまい、自分を見失い、不安定になります。

【子育て】回答者 多賀 千之かずゆきさん

 小児科医歴40年、石川県白山市美川で開業。10年前から子育て講演会を開催。講演回数は600回を超える。「わかりやすい説明と質問できる雰囲気」がモットーで「お母さんの笑顔が子どもたちにとって最も大切な栄養です」とアピール。64歳。
石川さんアプリ

 「With KIDS 北陸」は子育て支援などの情報を伝える石川テレビのスマートフォン用公式アプリ「石川さんアプリ」とコラボしています。アプリのダウンロードはこちらから。

石川さんアプリ

 「With KIDS 北陸」は子育て支援などの情報を伝える石川テレビのスマートフォン用公式アプリ「石川さんアプリ」とコラボしています。アプリのダウンロードはQRコードから。

  • iOS用QRコード

    iOS用QRコード

    (App Storeに遷移します)

  • Android用QRコード

    Android用QRコード

    (Google Playに遷移します)

関連キーワード

PR情報