本文へ移動

皐月賞2着サリオスの仕上がりに陣営は合格点 今度こそコントレイルを逆転だ[日本ダービー1週前追い切り]

2020年5月21日 15時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
レーンを背に、Wコースでルーカスと併せて追われるサリオス(手前)

レーンを背に、Wコースでルーカスと併せて追われるサリオス(手前)

 打倒皐月賞馬の一番手といえるサリオス(牡3歳、美浦・堀厩舎)が21日、美浦Wで日本ダービーへ向けた1週前追い切りを消化。力強い脚さばきを見せつけ、躍動した。
 厩舎の先輩、ルーカス(5歳3勝クラス)の胸を借り、2馬身先行。鞍上のレーンとピッタリと息を合わせ、4コーナーで外へ。残り1Fで馬体を併せて競り合うとケイコ駆けする相手に手応えでは見劣ったものの、最後までしっかり食らいつき5F66秒3ー12秒0で同入した。
 この動きに森助手は「先々週、先週に引き続きレーン騎手に乗ってもらい、先週よりさらに強い負荷をかけました。相手も動く馬ですし、サリオスも時計なりに動けていたので、あらかた仕上がったと思います」と合格点をつけた。
 皐月賞2着後は放牧には出ず、厳しい戦いの疲れを抜くことを最優先にしながらも3週にわたり追い切りにレーンが騎乗するなど、在厩でじっくりと調整されてきた。逆転へ向けた態勢は、着々と整えつつあるようだ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ