本文へ移動

ワクチン接種者「安全特典」続々 宿泊施設で飲食割引 お得なツアー 

2021年9月23日 05時00分 (9月23日 10時59分更新)

 石川、富山両県内の宿泊施設が、新型コロナウイルスのワクチンを接種した人を対象に、レストランなどの飲食代を割り引くサービスを始めている。接種を終えた客が増えれば、施設の安全性をアピールできるとの判断に加え、早くコロナが収束してほしいとの願いが込められている。 (榊原大騎、押川恵理子)
 「業界的にはコロナが落ち着いてもらわないといけない。利益というより、一刻も早い収束を願って特典を始めた」。富山県高岡市の温泉旅館「磯はなび」の利光貴則接客部長は言う。
 各自治体が発行する正式なワクチン接種証明書は現在、海外渡航予定のある人が対象。このため、接種したことが分かるシールを貼った接種済証や接種記録書の提示により、館内利用券千円分を渡している。県内客の利用が多く「思っていた以上の反響。若年層への接種が進み、利用する年齢層も下がってきた」。
 富山市のホテルグランテラス富山も、接種済証を提示した客は館内のレストラン二店舗の飲食代を三割引きに。八月までに県民を中心に約二百人が利用した。
 「もともと接種を終えた医療従事者の方に利用していただこうと始めた」と話すのは、金沢市片町のホテル「アゴーラ金沢」の担当者。接種済証の提示で館内にある飲食店二店舗が10%引きで利用できる。
 このほか、石川県七尾市の和倉温泉旅館協同組合も、特典の導入を検討している。
 全国的には、大手旅行会社が募集型のツアーでワクチン接種者向けの割引を導入する動きが出ている。団体行動する全員がワクチン接種を終えていれば、安心してツアーに参加してもらえるからだ。石川県旅行業協会の越原裕一会長(ヴァケーション社長)は「旅行会社だけでなく、宿泊施設も一体となって取り組みたい」と話す。政府は十一月末までの希望者への接種完了を目指している。

 専門家「感染リスク対策継続を」

 ただ、県専門家会議座長の谷内江(やちえ)昭宏金沢大病院副院長は、ワクチンを二回接種した人の感染が全国で確認されているとして「急激な感染拡大につながらないよう、丁寧に進める必要がある」と指摘。二回接種完了後に陽性となるブレークスルー感染が起きている現状に触れて「マスク着用や手洗いなど基本的な感染対策は続けていくことが大事」と話している。

関連キーワード

PR情報

北陸発の新着

記事一覧