本文へ移動

高山市の修学旅行支援、利用伸びず 緊急宣言解除に期待

2021年9月23日 05時00分 (9月23日 10時39分更新)
観光客がまばらな観光名所「古い町並み」。昨年の9月は、修学旅行を楽しむ生徒が多くいたが、緊急事態宣言が発令中の22日は、見られなかった=高山市上三之町で

観光客がまばらな観光名所「古い町並み」。昨年の9月は、修学旅行を楽しむ生徒が多くいたが、緊急事態宣言が発令中の22日は、見られなかった=高山市上三之町で

 新型コロナウイルス禍を機に高山市が昨年、修学旅行などで市内を訪れる団体客を増やそうと始めた費用の一部を支援する制度の利用が、今年は伸び悩んでいる。市や観光業の関係者らは、県内などに発令された緊急事態宣言が今月末で解除されることを期待し、学校の動向を注視している。 (加藤佑紀乃)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧