本文へ移動

スライス対策は・・・

2021年9月23日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 前回のフックに続き、今回はスライスについて説明します。もともとアマチュアの方はスライスを打つ傾向が強いのですが、背骨の位置と骨盤の動きの2点に注意すれば、より良い球筋のスライスを打つことができるようになります。
  (取材・構成 堤誠人)

クラブが開きやすい特性

 アマチュアの方の球筋がスライスになりやすい理由の一つは、ゴルフクラブが開きやすい特性を持っていること。もう一つは、打つ時に上半身と下半身を分離させるのが難しいことです。
 上半身から打ちにいくと、クラブのヘッドがボールに対してかなり上から入ることになります。また、これは後ろから見たら分かりやすいのですが、クラブの軌道が左へと向いていってしまいます。

アウトサイドイン軌道に

 前回、フックを打つ時はインサイドアウトが基本だと説明しました。スライスの場合はアウトサイドインの軌道がきつくなります。これに対してフェースを右に向けようとすると、最後に体が浮いてくるような動作になり、プッシュスライスなどかなり右に曲がるスライスが出るようになってしまいます。
 この曲がり幅を抑えながら、ボールをコントロールするために必要なドリルを紹介します。
 バックスイングの時、背骨がターゲットの方向に傾くことをリバースと言います。この動きから背骨が戻り、なおかつ骨盤も右にスエーすると、この時点で既にトップの位置がかなり高くなってしまいます。こうなると、ボールを上から打たざるを得なくなってしまいます。
 このことを矯正するためには、バックスイングの時に背骨が左ではなく、感覚的に右へ傾くようにします。そして、お尻の位置が元の位置からずれないようにして、少し内側に入れるようなイメージでトップの形をつくります。
 すると、今までより体重が少し左に乗っている感覚となり、しかも体を回すことができるようになります。このようにすると体の前にスペースができるようになるので、そこをクラブが通るようにスイングすると結果的に手元の位置も低くなりますし、それほど大きく右に曲がることもなくなります。
 リバースをして、右上から打ち下ろすようなスイングをすればターフが取れやすくなりますし、ボールも上がらなくなります。一方、背骨の位置をずらさず、なおかつリバースもせずに体のターンを少し入れて打つと、ボールは自然に上がっていくようになり、右に切れるようになります。

ドライバーにも良い影響

 背骨の位置に気をつけ、骨盤がスエーせずにしっかり回る動作が入ると、ボールが上がっていいフェードが打てるようになっていきます。この2点を注意すればアイアンはもちろん、ドライバーにも良い影響があると思います。ぜひ、取り組んでみてください。

【旅ノート】新シーズン 新たな気持ちでサポート

 2020−21年シーズンの最終戦だった「ツアーチャンピオンシップ」が終わり、1週間のオフを挟み、いよいよ新シーズンが始まりました。19日までカリフォルニア州ナパバレーで行われた「フォーティネット選手権」は、下部ツアーから上がってきた新人プレーヤーや、松山英樹選手らのトップランカー、再起を狙うベテラン選手たちが入り乱れたフィールドでした。
 コースは西海岸特有のポアナ芝で、フェアウエーやグリーンも硬く、日本のような狭さが特徴のコースでした。PGAツアーは、さまざまな環境下で試合が行われるので、その状況にいかに柔軟に対応できるかということも、選手が戦う上で重要なポイントとなります。
 新シーズンは、また気持ちを切り替え、多くの試合で上位に入れるように、いろいろなコースの特徴についても勉強しながらサポートしていきたいと思います。

初のレッスン書 5人にプレゼント

 本紙のゴルフレッスンを担当している目澤秀憲さんが、ゴルフダイジェスト社から初のレッスン書を出した。ゴルフを効率よく上達するためには、「まず、自分のスイングを知ること」と目澤さんは言う。その上で「自分に合ったスイングを見つける」こと。そのためのメソッドが、この1冊に詰まっている。
 定価1430円で、全国の書店で発売中。ネットでも購入できます。発売を記念し、5人にプレゼントします。住所、氏名、年齢、職業、このレッスンページの感想を書いて、〒460 8511 中日スポーツ「ゴルフレッスンプレゼント」係まで。9月30日必着。当選者の発表は発送をもって代えます。

 ▼目澤秀憲(めざわ・ひでのり) 1991(平成3)年2月17日生まれ、東京都出身の30歳。埼玉平成高、日大卒。大学卒業後に米ボストンへ語学留学し、日本人では数人しか持っていないTPIレベル3を取得。コーチとして河本結、有村智恵、永峰咲希らを指導し、河本の米ツアー参戦や永峰の国内メジャー大会制覇などに導く。今年からは松山英樹と専属コーチ契約を結び、米ツアーに同行している。

 取材協力 キングフィールズゴルフクラブ(千葉県市原市新巻377番地) 
(電)0436(36)6111=代表
(毎月第2・4木曜日の紙面に掲載)
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ