本文へ移動

デゼルは大一番へ好気合を維持 友道師「前走と同じくらいの体重で出られる」

2020年5月22日 14時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加

第81回オークス(G1・24日・東京・2400メートル)

 1枠1番で出走する2戦2勝のデゼル(牝3歳、栗東・友道厩舎)は22日、午前8時すぎに閑散とした栗東坂路へ向かい、淡々と62秒6ー16秒2。柔らかい身のこなしで、決戦への調整を打ち上げた。
 追い切り後の馬体重は464キロと、前走出走時を4キロ下回ったが、友道師は「追った後も変わらず順調。前走も、行くときはこれと同じ体重だった。また同じくらいの体重で出られるのでは」と説明。輸送を経ても体重が増えるのは、かなり精神的にずぶとい馬。大一番にも気後れはしないはずだ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ