本文へ移動

球団記録に並んだビシエド、達成の裏側に日本での生活を支えた”相談役”の存在あり【中日・小林広報の必撮ワンポイント】

2021年9月23日 08時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
桂川通訳と記念撮影するビシエド(小林広報提供)

桂川通訳と記念撮影するビシエド(小林広報提供)

 ビシエド選手が球団外国人の最多安打記録に並びました。試合後は、来日当時から親身になっている桂川通訳の肩に手を置き喜びを共有。桂川通訳の正式な肩書は「国際渉外担当兼通訳兼外国人担当」。家族を含めた日本での生活を支え、プライベートで困ったことがあったときの相談役も担っています。まさに二人三脚。2人の笑顔を見てさらに記録を伸ばしてもらいたいと思いました。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ