本文へ移動

【DeNA】守護神復帰の山崎打たれ、敗戦も「何とか抑えようと必死で投げた」三浦監督は責めず

2021年9月22日 22時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNA・山崎

DeNA・山崎

◇22日 ヤクルト2―1DeNA(横浜スタジアム)
 復活したばかりのDeNA守護神・山崎が同点の9回2死一、三塁から代打・中村に痛恨の決勝打を浴びた。三浦監督は「厳しい場面でマウンドに上がって、何とか抑えようと必死で投げた」と山崎を責めなかった。
 9回はまず左腕のエスコバーを起用。1死一、二塁とピンチを招いてから山崎を投入する継投策があだになった。「(継投)プランはいろいろあります。(山崎の)途中からも(可能性)ゼロではないですから」と指揮官。「明日また取り返せるようやっていきます」と連敗にも前を向いた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ