本文へ移動

津島の住宅前に毎朝「黒板日記」 道行く人と心の交流

2021年9月23日 05時00分 (9月23日 05時00分更新)
住宅前に置かれた黒板と、届けられたススキを飾る女性=津島市内で

住宅前に置かれた黒板と、届けられたススキを飾る女性=津島市内で

 津島市内のある住宅の前に、ウオーキング途中のお年寄りらが必ず立ち止まって読む小さな黒板がある。この家に住む女性が、家族との触れ合いで感じたことや偉人の言葉などをカラフルな文字で毎日書き込んでいる。中には、お礼の手紙を置いていく人もいて、女性も「こんなに反響があるなんてびっくり。こちらも元気をもらっている」と黒板を通じた交流の広がりに驚いている。 (吉田幸雄)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧