本文へ移動

【オリックス】自力V消滅危機救った!逆転打の紅林「めちゃくちゃうれしかった」

2021年9月22日 21時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
紅林弘太郎

紅林弘太郎

◇22日 オリックス5―3日本ハム(京セラドーム大阪)
 自力優勝の可能性が消滅する瀬戸際だったオリックスは、紅林弘太郎内野手(19)が逆転打を放った。7回、1点差に詰め寄り、なおも2死満塁の好機に、高めに浮いてきた日本ハム・鈴木のスライダーを右中間へはじき返すと、走者一掃の逆転タイムリー三塁打となった。
 「打ったのはスライダーだと思う。打った瞬間、抜けたなと思って走っていた。(逆転タイムリーになって)めちゃくちゃうれしかった」
 3番を任されるようになって5試合目。「ラオウ(杉本)さんにつなぐ役割。(吉田)正尚さんが帰ってこられるまで、その役割を果たしたい」と紅林。これで2試合連続の3打点となった。3番を務めて19打数6安打の打率3割1分6厘、2本塁打、8打点。この日は首位・ロッテが敗れ、2・5ゲーム差と詰めた。 

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ