本文へ移動

御嶽海が5場所連続の勝ち越しも「目標は2桁」照ノ富士との一番には秘策も用意!?【大相撲秋場所】

2021年9月22日 21時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
御嶽海(左)が押し出しで大栄翔を下す

御嶽海(左)が押し出しで大栄翔を下す

◇22日 大相撲秋場所11日目(東京・両国国技館)
 5場所連続の勝ち越しを決めた御嶽海(28)=出羽海=は「目標は2桁(勝利)。ほっとしていられない」と、残り4日間にラストスパートをかける考えだ。
 大栄翔(27)=追手風=の突っ張りにも慌てず下からあてがい、相手が引いたところを一気に押し出した。「終始、自分の相撲だったと思う。前に出て、引かずに、手がしっかり伸びてくれてよかった」
 2場所ぶりの2桁勝利へ手応えは十分の様子。それでも、優勝争いの先頭を走る新横綱の照ノ富士や調子を上げてきた大関貴景勝らとの対戦を残すだけに、楽観はできない。
 見据えるのは13日目に予想される照ノ富士との一番だ。過去の対戦成績は1つの不戦勝を含め4勝10敗で、現在は5連敗中。それでも、何やら秘策を頭の中に描いているようで「取ってみないと分からないが、その通りにいけばいいと思う」と思わせぶりな表情を見せた。
 直接対決で現在の2勝差を詰めることができれば一昨年の秋場所以来、3度目の賜杯も見えてくる。果たして、実力者は何を考えているのか。12日目の阿武咲戦に勝てば、がぜん、優勝争いは盛り上がる。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ