本文へ移動

【中日】先発松葉が6回無失点で今季5勝目の権利を持って降板 6回ピンチにサンズ斬りで雄たけび

2021年9月22日 19時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回表2死二塁、サンズの打球を雄たけびを上げながら処理する松葉

6回表2死二塁、サンズの打球を雄たけびを上げながら処理する松葉

◇22日 中日―阪神(バンテリンドームナゴヤ)
 中日先発の松葉貴大投手(31)は6イニングを6安打無失点で今季5勝目の権利を持って降板となった。
 序盤から持ち味であるテンポの良さを発揮した。初回を12球で終えると、2回は先頭・大山に中前打で出塁されるも、けん制死を奪うなど6球で3つのアウトを取った。1―0の3回2死から連打と四球で満塁とこの日初めて得点圏に走者を背負ったが、4番・マルテを三ゴロに仕留めた。
 6回は先頭・糸原に二塁打を打たれるも、マルテを空振り三振。大山を遊ゴロに打ち取ると、最後は6番・サンズをフルカウントから投ゴロに仕留め、ガッツポーズで窮地を切り抜けた。
 役割を果たし、ゲームをつくった松葉は「前回(登板)同様、今日も自分の持ち味がしっかり出すことができたと思います」と達成感をにじませた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ