本文へ移動

【阪神】ドーム球場でも「雨柳さん」 青柳、先制許した1回は雨降らず、2回以降ゼロ並べると外にはしとしと雨が…

2021年9月22日 19時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
先発し中日打線相手に力投する青柳

先発し中日打線相手に力投する青柳

◇22日 中日―阪神(バンテリンドームナゴヤ)
 ドーム球場でも「雨柳さん」だった。阪神の先発は、登板時に雨が降ることが多いためファンから「雨柳さん」と呼ばれる青柳晃洋投手(27)。先制点を許した1回は雨が降っていなかったが、2回以降ゼロを並べていくと、バンテリンドームナゴヤの外はしとしとと雨が落ちだした。
 前回の中日戦登板は8月31日の甲子園。5イニング5失点だった。「やり返すという気持ちで投げていきたいなと思います」と話していた雪辱の機会。前回の中日戦から自身は3試合連続で勝てていないだけに、流れを変えたい登板でもあった。前半5回まで毎回走者を背負いながら、最少失点で粘った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ