本文へ移動

輸入米検査で土砂含有量測定せず 穀物検定協会に改善命令

2021年9月22日 16時00分 (9月22日 16時00分更新)
 輸入米の検査で土砂の含有量を測定していなかったとして、農林水産省は二十一日、日本穀物検定協会に改善命令を出した。二〇一六年四月から二一年五月までに計約六十八万トンで検査を実施したように見せかけて検査証明書を発行していた。含有量の分析は、コメの販売価格に反映される品質検査の一つとして実施している。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報