本文へ移動

県内基準地価、昨年並みの下落 栗東で商業地の上昇幅拡大

2021年9月22日 05時00分 (9月22日 17時33分更新)
滋賀県の商業地で上昇率1位地点・草津市野路1−6−5

滋賀県の商業地で上昇率1位地点・草津市野路1−6−5

  • 滋賀県の商業地で上昇率1位地点・草津市野路1−6−5
 県は二十一日、県内三百八十三地点の基準地価(七月一日時点)を発表した。住宅地や商業地など、全用途の平均変動率は1%減で、十三年連続の下落。下落幅については、新型コロナウイルスの影響を受けて、大きく拡大した昨年と同程度となった。 (柳昂介)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報