本文へ移動

椎の木湖で厳寒期のヘラブナ狙う チョウチンウドンセットで大型ゲット

2020年2月21日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1300グラムのグッドフィッシュ。当日はこのような良型も多く混じり、平均でも1キロを超える結果となった

1300グラムのグッドフィッシュ。当日はこのような良型も多く混じり、平均でも1キロを超える結果となった

 厳寒期には釣り人が仕掛ける一手一手に対する魚からの反応が特にシビアになるもの。そんな状況を利用してチョウチンウドンセット釣りの「特訓」を行おうと向かったのが、埼玉県羽生市にある椎の木湖。大型ぞろいの釣り場として人気の同湖で待ち受けていたのは、日々攻め続けられている百戦錬磨のヘラブナたち。やはり一筋縄ではいかない展開となったが、春先のセット釣りで活用できる「引き出し」を増やすことができ、もくろみどおりの釣行となった。 (マルキユーテクニカルアドバイザー 戸井田祐一)

◆狙いは底から1メートルゾーン

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ