本文へ移動

星稜中4強 2冠射程 全日本少年春季軟式野球

2021年9月22日 05時00分 (9月22日 05時02分更新)
好投するエースの佐宗翼投手=静岡市で(保護者提供)

好投するエースの佐宗翼投手=静岡市で(保護者提供)

  • 好投するエースの佐宗翼投手=静岡市で(保護者提供)

 第十二回全日本少年春季軟式野球大会日本生命トーナメントは二十一日、静岡市の西ケ谷総合運動場野球場などで準々決勝四試合があり、県代表の星稜中(金沢市)は高崎市塚沢中(群馬)に3−0で勝利し、準決勝に進んだ。 (郷司駿成)
 先発のマウンドに上がった佐宗翼投手(三年)は七回途中まで投げ無失点。ピンチはつくったが、要所を締めた。七つの三振を奪い、エースの仕事をしっかりと果たした。
 打撃陣は足を絡めた攻撃で着実に加点した。三回、先頭打者が出塁し、すかさず盗塁。次の打者が送り、1死三塁をつくると内野ゴロで先制した。
 同点にされそうなピンチを抑えた直後の六回には三回のリプレーを見ているかのような攻撃で追加点。七回には2死走者なしから連続長打でダメ押しした。
 準決勝と決勝は二十二日にあり、星稜中は準決勝で岡山オール井原アローズ(岡山)と対戦する。大会は三月開催の予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期になっていた。星稜中は八月の第三十八回全日本少年軟式野球大会で優勝しており、今大会との二冠が懸かる。

関連キーワード

PR情報