本文へ移動

面白い!早春の西湘サーフゲーム 南風のヒラスズキと北風のヒラメ

2020年3月20日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
バラシの後に仕留めた45センチのヒラスズキ。暗闇に光る白銀の魚体が美しい

バラシの後に仕留めた45センチのヒラスズキ。暗闇に光る白銀の魚体が美しい

 早春は三寒四温と、よくいわれる。南風が吹く日は暖かく春っぽい陽気、北風が吹く日は肌寒さを感じる日、これを繰り返しながら徐々に本格的な春に向かっていく。ちょうどこの時季、南風の日と北風の日で釣れる魚が変わるのが西湘サーフの面白いところだ。今回は南風のヒラスズキと北風のヒラメ狙いを紹介したいと思う。 (久保田剛之)

◆サラシが引くと同時に沖にス~っと伸びる最高の状態

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ