本文へ移動

高田潤騎手がくも膜下出血で急きょ入院「1R騎乗直後に、急に頭が割れそうな激痛…」ツイッターで報告

2021年9月21日 19時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
高田潤騎手

高田潤騎手

 JRAの高田潤騎手(40)=栗東・フリー=が21日、自身のツイッターを更新。「レース直後に、急に頭が割れそうな激痛が走り、そのまま病院へ搬送されました 検査の結果、くも膜下出血だったみたいです…」。20日の中山1R騎乗後に頭痛で病院を受診した結果、くも膜下出血と分かり、急きょ入院したことを明かした。
 20日の中山1R(3歳以上障害未勝利)ではブラックムーンに騎乗し、勝利を収めていた。高田騎手は「まだ原因がわからず、そのまま入院となりました… 今でも激しい頭痛が続いています… ゆっくり治します」と現状をつづった。
 フォロワーからは「しっかり調べてもらって、治療に専念してゆっくり休んでください」「元気になったとき、またいつもの芸や企画、そして楽しい競馬に戻ってきたときは報告お願いしますね」などと心配する声が相次いだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ