本文へ移動

パ・リーグは主力離脱続々…「Aクラスはもうボロボロ…」ロッテのマーティン右足骨折で残念がる声

2021年9月21日 17時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロッテ・マーティン

ロッテ・マーティン

 ロッテの主砲レオネス・マーティン外野手(33)が右足中間楔(けつ)状骨の骨折と診断されたと21日に球団から発表された。出場選手登録も抹消された。19日の日本ハム戦(札幌ドーム)で自打球を右足に受け、20日の同カードを欠場していた。
 チームは2位オリックスに3・5ゲーム差で首位。25本塁打、70打点の主砲離脱はリーグ優勝を争う上では大きな痛手で、ツイッターでは「マーティン」がトレンド入り。「1人くらい抜けても勝てるチームにならなきゃ優勝なんて遠いぞ マーティンにいい報告できるように頑張ろう」「例えこのまま行けたとしても優勝の瞬間にマーティンがグラウンドにいないという事実がキツイ」などとカモメ党の残念がる声が相次いだ。
 さらにパ・リーグは2位・オリックスの吉田正尚外野手(28)、3位・楽天のクローザー松井裕樹投手(25)ら主力が離脱中とあり、ツイッターでは「パリーグのAクラスはもうボロボロ…」などと、さらにV争いの先行きが見えなくなったとする声も上がった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ