本文へ移動

【長友佑都インタビュー②】インテル、マルセイユ…情熱的なサッカー文化の中で正直、命の危険も感じた

2021年9月21日 17時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
横浜FC戦後、ファンの応援に応えるFC東京・長友

横浜FC戦後、ファンの応援に応えるFC東京・長友

 11年ぶりにサッカーJ1のFC東京に復帰した日本代表DF長友佑都(35)が本紙などのインタビューに応じ、古巣への思い、日本代表としてW杯に懸ける情熱、海外で身の危険を感じた“事件”などについて激白した。第2回は海外クラブについて。
 【海外クラブ編】
 ―11年間の海外生活で最も自身の糧になったことは
 「一番は、精神的な強さ。自分が育ってきた環境ではない全く違う文化、言語に適応しなければいけない。イタリアでもフランスでも、外国人枠が3枠、4枠の中で、南米やアフリカの選手とその枠を争わないといけない。クラブとしても、ファン、サポーターからも助っ人として扱われる。そういうプレッシャーや、責任は大きかった。いろんなモノを背負いながら、感じながらプレーしていた。ダメだったらすごい批判をされるので、メンタルの部分が一番成長できたと思う」
 ―何試合かでもパフォーマンスが落ちれば、明日はないという危機感は常にあったのか
 「試合に負けた翌日は表に出られなかったし、身の危険を感じたこともあった。そのぐらいの熱さもあった。それほど厳しい環境でやっていた」
 ―その危険を感じた瞬間とは
 「特に(イタリア1部の)インテル時代は、すごい批判を浴びた。7年間いたので、チームがうまくいかないときも、自分自身がうまくいかないときも、いつも厳しい視線が向けられた。直近で言えば、(フランス1部の)マルセイユ時代にチームが勝てないときに、サポーターが練習場に押しかけてきたことがあった。警察が介入するまでのちょっとした事件となった。僕たち選手はクラブハウスの中にいたけど、その中までサポーターが入ってきて発煙筒を炊いたり、ガラスも割られた。けがをした選手もいたので、そのときは正直、命の危険も感じた」
 ―それほど情熱的なサッカー文化の中で、戦い続けられた理由は
 「覚悟や、信念は違うレベルにあるのかなと感じている。腹をくくってきたし、何があってもこの場所で戦う、ここで活躍するんだという部分はぶれたことがない。なぜかというと、夢や、目標があったから。その目標をかなえるために、日々をしっかりと送る。その覚悟が、自分の柱として心の中にしっかりとあったのでぶれなかった」
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ