本文へ移動

「読みながら泣けてしまった」坂本龍一、小山田圭吾の”過去のいじめ発言”謝罪文に「これほど真摯な文章は書けるものじゃない」

2021年9月21日 15時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
坂本龍一

坂本龍一

 ミュージシャンの坂本龍一(69)が21日、自身のインスタグラムを更新。同級生へのいじめを語ったインタビュー記事が契機となり、東京五輪開会式の楽曲参加を辞任したミュージシャン・小山田圭吾の謝罪文について言及した。
 「小山田くんの文章、やっと読めました。読みながら泣けてしまった」と、小山田が公式サイトに掲載した謝罪文を読み、思わず涙を流したと告白。
 続いて「なかなかこれほど真摯な文章は書けるものじゃない。よほど自分の心の中を曇りなく隅々まで見ないと」と感想を述べ「今後どんな音楽が生まれてくるのか、気長に待ってます」と今後の活躍に期待を寄せた。
 小山田は17日、今回の騒動について、改めて長文の謝罪文を公式サイトに掲載。事実関係を一つ一つ詳細に明記し、「今回、誤った情報の拡散や報道もありましたが、元はといえば、自分の過ちが招いたこと」「それを放置してきてしまったことへの責任を痛感しております」とつづり、「今まで以上に視野と意識を広げて考え、行動に移していきたい」と結んでいる。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ