本文へ移動

現実離れの敵基地攻撃 自民総裁選で議論

2021年9月21日 16時00分 (9月21日 16時00分更新)
 自民党総裁選で、北朝鮮や中国のミサイルへの対抗策として、敵基地攻撃能力を巡る発言が相次いでいる。発射の兆候をつかんで攻撃を加える方法のほか、第一弾を防いだ後の防御策や、電磁波で無力化する手段も唱えられた。だが、戦争放棄の憲法をはじめとした法制面や、技術的に山積する課題を直視した議論は深まっていない。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報